近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。

住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても慎重に行われます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

住宅ローンを長年組んでいると、まとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすれば、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を根本的に減らす事ができます。

借入額が減るので、月々の返済も楽になります。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

近い将来、家族と住むためのマイホームを建てたい方返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのかどれくらいの金利で何年間のローンと仮定し試算するのか、大体の返すべき住宅ローンの金額を出せるので役立ちます。

誰でも簡単にできるシステムなので使いやすく、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

頭金が0円でもOK!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

念願だったマイホームを購入してから数年で、働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。

普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。

またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、支給されるまでの期間が決められているものがあります。

一見高く見えるかもしれませんが、それほど大きな差は無いので何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方から薦められるという事はありません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査が行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

そろそろ自分の家が欲しいと思ったとき銀行から申し込みできる住宅購入時の貸付が良いです。

申請後は金融機関側の審査がありそれをパスしない限り、次の契約には進めません。

ここで特に重要と判断されるポイントは仕事の内容、何年務めているか、年収はいくらか、が主に見られます。

また、カードローンの使用歴なども厳しい目でチェックする可能性も高いのでもし住宅購入を今後真剣に考えているのであればあまり無謀な使い方はされないことをお勧めします。

将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。

このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなのでそれ以外の目的で利用した場合、法律違反になります。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

仮に、契約した借入れ内容に不具合があればこれを紹介した不動産会社も同じ罪に問われます。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、今の現実にとらわれずに将来をしっかり見据えましょう。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る節税の方法を教えます。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

少なくても10年以上のローン期間がある事が条件となります。

これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

理由として考えられるのは以下のような方です。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

けれども、数ある金融機関の中からどこを選択すればよいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋から紹介されたところや住信SBIネット銀行などのネットバンクなどでも申し込みは出来ます。

だけども、どの場合でも審査があり申し込みさえすれば通るだろう。

という物でもありませんので、注意が必要です。

住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えは誰でもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、たいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。

今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

ネットでも評判の金利の安い銀行で申し込んではみたものの、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、合計で計算することで、全体像が見えてきます。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

将来、住宅ローンを考えているけど高額なために0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実している知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、それでいて契約している方には、イオンでの買い物の際に何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。

関連ページ