河原に行ったよ\(^▽^)/

2015年2月14日(土) 16:45

おはようです!

今日は休みだったので、家族全員がお休みでしたー!
旦那は先日忙しく、すんごく遅くまで働いていたので、
きっとゆっくりしたかったと思います。。

ですが、、
今日は家族で出かけよう!ってことになりました。
なぜなら、夏ですが、半端なくいい天気だったのですー!
子供もとてもワクワクしていて、クラウンででかけよう!となりました。
海や河原に行こうかと朝ごはんのときに話していました。

ちなみに朝ごはんは、アンパンとパンにしました!
昨日美味しすぎるものを友達の友達にいただいたので。

結局、河原に行くことになりました!
旦那は少しだけお疲れ気味だったので、私が久しぶりに運転しましたーw( ̄o ̄)w
ちょっとドキドキしました。。一方でもともと運転は好きだったので、問題無しです!!

河原についたら、みんなでサッカーやラグビーをしましたよ!
そのときは、旦那も元気になって、一番張り切っていたかもしれません笑
子供としてましたが、サッカーになったら、本気を出していました笑
大人気ないですね!
もともと、学生のときサッカーをしていたので、しょうがないですね笑
新しい道具もヤフオクで買ったところですし!
汗をチョーかいたので、みんなタピオカジュースやミックスジュースをごくごく飲んでました!

あとは、イナゴやトンボがいたので、ゆうまと、ひろきという名前をつけて、
子供が追いかけていました!
子供は本当に昆虫が好きですよねー!
帰りに本屋で図鑑でも買ってあげようかな。

ずいぶん沢山遊んだ後は、疲れちゃったようで、
みんな車の中で寝てしまいましたー。
私は運転していたので、ELTやスキマスイッチを聞きながら、
家路を急ぎました。

帰ってくると遅めの時間になっていたので、
家族で近所のファミレスに行きました。

そんなこんなで、今日はチョー楽しい一日でした川*’-‘)フフ♪(▼∀▼)ニヤリッ

ああ、もう時間だ。ではでは

住宅ローンの金利優遇って?

2012年1月11日(水) 17:42

人生で恐らく一番大きな買い物になるであろう住宅ですが、どこからどのように借りるかによって、返済額が大きく違ってきます。

まず、マンション、戸建てに関わらず、住宅を購入する際は銀行が提供している住宅ローンを検討しようと思います。

各銀行はそれぞれ、どのようにすれば銀行で住宅ローンを組んでもらうか、試行錯誤しながら金融商品を開発し、提供しています。

しかし、借りる側としては、近くの銀行であることや、ブランドなども条件にはなりますが、一番は何と言っても金利が他の銀行より低いことを第1条件としますよね。

だから、住宅ローン金利比較サイトなどでは常に金利が何パーセントかを重視して探します。

でも、ここで気をつけないといけないのが、表面的な金利ばかりを見ないことです。

各銀行は、金融商品を開発する際、特定の条件を満たすお客様に対して、金利を優遇する「金利優遇」を適用して金利を低くしてくれる銀行もあります。

金利優遇条件とかは、例えば住宅ローンを組む際、その借入額の一定額以上を頭金として支払うことで、住宅ローンの金利を優遇してくれます。

他にも面白いところでは、最近のエコ意識の高まりから、購入する住宅が省エネ住宅として認められれば、0.1パーセント下げてくれます。

このように、各銀行では住宅ローン金利優遇の条件を用意している銀行も多いので、単純に金利が低い銀行を選ぶのではなく、金利優遇の条件と適用後の金利を考慮しながら選ぶことで、返済を軽くすることができます。
住宅ローン金利の安い銀行を比較して一番お得な商品をご案内。金利比較の他、諸費用やサービス内容の比較もどうぞ。

おすすめサイト

自営業・経営者の住宅ローン比較!審査通りやすい銀行は?【所得の基準】
自営業の方、会社経営者の方の住宅ローン探しの疑問にお答えします!今一番お得で、自営業、経営者の方でも審査に通りやすい住宅ローンを探している方はぜひご覧ください。
www.jieigyo-bestjyutakuloan.com/

住宅ローンを上手く活用するには?

2011年11月7日(月) 06:11

人生で1番大きな買い物と言われているのがマイホームの購入です。

家を購入する人の大半が、住宅ローンを組んでマイホームを手に入れるでしょう。

そこで、どのようにしたら住宅ローンをうまく活用することができるでしょうか?住宅ローンを組む前にしなければならないことをまずはお伝えしたいと思います。

まずは、家を購入する方自分自身のことを知ることから始めましょう。

つまりあなた自身のことを振り返ってみることが大切なのです。

なぜなら、年齢や年収によって利用することが可能な住宅ローンが変わります。

また、計画的な返済こそが住宅ローンを上手に活用することへとつながるので、収入といった経済的なことは把握しておく必要があります。

次に、購入する家のことについて知りましょう。

当たり前ですが、購入する物件の種類や費用を知っておかないといけませんよね。

フラット35などの住宅ローンは、住宅によって金利が低いローンを組めます。

そして、住宅ローンの種類を調べることが大切です。

住宅ローンは、民間の銀行やネット銀行、フラット35など金利、手数料、保証料は全く異なり多種多彩に揃っています。

どのローンがあなたに合っているのか情報を得ることが必要ですよね。

さて、どのローンかを決め、家に住み始めたら返済が待っています。

この返済の方法でも上手に活用するかのポイントがあります。

それはローンの繰り上げ返済、組み換えや控除です。

住宅ローンを上手に活用する=できる限りお金がかからないようにすることではないかと思います。

お金がかからないようにするためには、手間や時間がかかると思いますが惜しまずする気持ちが1番大切なのかもしれませんね。

おすすめのフラット35を金利比較
長期固定金利の住宅ローンとして人気のフラット35を様々な角度から研究し、金利比較や 審査、シミュレーションなどを徹底的にご案内するフラット35金利比較ナビです。

住宅ローン借り換え諸費用比較!費用で損しない銀行は?【いくら必要?】
住宅ローン借り換えの際に必要な諸費用について調査、研究してご案内します!住宅ローン借り換えは諸費用で損することもあるんです!諸費用が安くて、借り換えの時に本当におすすめできる銀行をご紹介します!
xn--r8j3gvlya8b0934aygb433c5erqr3byg4c.skr.jp/

▲Pagetop